TOPページ > 新着情報

  • TOPページ
  • 事務所案内/プロフィール
  • 新着情報
  • サービス/相談内容
  • アクセス

新着情報

新着情報

「働き方改革関連法案」 主要野党欠席の中、実質審議開始 (2018年5月8日)

衆院厚生労働委員会は、「働き方改革関連法案」の実質審議に入った。主要野党が審議拒否を継続する中、自民・公明、維新の3党が質疑を展開。政府・与党は今後、5月下旬の衆院通過、今国会会期末の6月20日までの成立を目指す。

年金データ入力ミスで損害賠償請求 (2018年5月8日)

個人データの入力ミスが原因で年金の過少支給が相次いだ問題をめぐり、日本年金機構が、業務を委託した「SAY企画」(東京都豊島区)に対し、ミスの対応に要した約4,400万円の損害の賠償を求めていることがわかった。最終的な請求額は数億円に上る見込みで、支払いに応じなければ提訴する方針。

2,848事業所が違法な時間外労働 (2018年5月1日)

厚生労働省は、昨年11月に行った過重労働が疑われる事業所への集中取り締まりの結果を公表した。7,635事業所のうち2,848事業所(約37%)で違法な時間外労働があり、是正勧告を実施した。また、労災認定の基準とされる月100時間超の時間外労働があったのは1,102事業所(約14%)だった。

同一業務で手当不支給は「違法」〜松山地裁 (2018年5月1日)

正社員と同じ業務なのに、手当や賞与に格差があるのは労働契約法違反だとして、松山市の「井関農機」の子会社2社の契約社員5人が計約1,450万円の支払いなどを求めた訴訟の判決が松山地裁であった。判決は、手当の不支給は違法だと判断したが、賞与については違法性を否定した。

働き方改革法案が審議入り (2018年5月1日)

働き方改革関連法案が27日、衆院議員運営委員会で審議入りした。与党は、6月20日の会期末までに本法案成立を目指す。野党6党は審議拒否を続ける方針。

前のニュース一覧へ | 次のニュース一覧へ

ページのトップへ